うそ、ほんと、日常。

なんかいろいろ失敗だらけの私の日常。

ヘビーな孤独感。

妊娠8ヶ月になり、まだ働くけどデスクワーク中心になってきた。

 

打ち合わせやロケハンは元より、現場に出られない。

 

私が作った物の完成形を見ることができない。

 

仕方ないんだけど、蚊帳の外なのが地味に辛い。

 

現場行っても何もできないし、かえって邪魔だし、気を遣わせてしまうし、何かあったら大変だから、行かなくていいんだけど。

 

経費の清算したり、社会保険の手続きしたり、ほんとに向いてない。

 

現場に出たい。出れないけど。

 

旦那は昨日から7月上旬まで帰ってこない。

 

私の現場にも出てて、帰ってこれないスケジュールになってしまった。

 

それは別にいいんだけど、すごくすごく羨ましくて、

 

やっぱり妊娠と出産を経ても男社会で男と同じように生きていくのは、本当に無理なんだと思い知った。

 

男女平等なんて、元から成立しないから、せめて私が男化している時はまだマシだったけど。

 

1年弱現場離れたら、戻れるんだろうか。元のポジションに。

 

もう結婚したから、戻らなくてもいいんだろうか?

 

私は戻りたいのか、戻りたくないのか、全然分からない。

 

あの中にいる時はそれはそれで辛かった。

 

男の人と同じじゃないと仕事させてもらえなくて。

 

何才だろうとおねーちゃんって呼ばれたり、どんなに頑張ってもアシスタントだと思われたり。

 

それでも別に、まあいいんだけどさって思っていればやっていけたからね。

 

今はデスクワーク中心で、主婦のパートみたい。

 

私は独立してから結婚して、フリーランスから株式会社にした。

 

旦那と二人でちーさな会社にした。

 

だから別にがむしゃらに働かなくても大丈夫なんだけど。

 

旦那さんのお仕事手伝ってるって思われるのがすごく嫌だったけど、結果今はそうなってしまった。

 

妊婦だからしょうがないね。

 

私の仕事、旦那が手伝ってたんだけどね。

 

まあいいや。まあ、いい。

 

表に出なくていいのは、それはそれで楽だから。

 

ずっと1人で息子育ててきて、世間のお父さんと同じように稼がなくてはと思って頑張ってきたけど、

 

もう、ブレーキ踏んでいいんだね。

 

お父さん、別でいるからね。

 

お母さんに専念していいんだね。

 

なんだろう、このストレスは。

 

慣れかな?

 

いっそもっと、あからさまな孤独の方が耐えやすい気がする。

 

気を紛らわすために、word pressだの、premiereだの、shadeだの、勉強し始めた。

 

なんか悔しくて、旦那とは関係ないところで稼ぎ出そうと思って。

 

お金になる日が来るかは分からないけど、何もしないよりはマシだと思う。

 

生まれたらそれどころじゃないな。

 

2人目が生まれるのは本当に嬉しいんだけど、それとは別の次元で、重い孤独と戦ってる感じ。

 

だいぶ苦しい。

 

 

 

少しだけ足りない。

Uber EATSって、今の私にぴったりなサービスじゃないかと思って

 

職場から出なくて済むし、近隣のコンビニ食い尽くしたし、近隣のファミレスも行き尽くしたし、昼ごはん一人分作るとか超めんどくさい。

 

家まで持ってきてくれるなんてサイコーじゃないかと思って、出前とは違うオシャレ感あるし、頼んでみようと思ったら、ちょっとだけ、ご利用圏外だった。

 

あと道2、3本向こうなら届けてくれるのに。もう道に迷った配達の人がこれちゃうレベル。くやしいなぁ。そのうち圏内に入れてくれるかな?

 

断念して、歩いてタリーズまで行ってパスタテイクアウトしようと思ったら、なんとSold Out…

 

せっかくきたのに。せっかく、わざわざ歩いてきたのに。

 

他のでも良かったんだけど、口がパスタを待ってしまってるから、でももうお腹も空いてるし、面倒だし、結局セブンイレブンカルボナーラとサラダ買って帰った。

 

結局、いつものお昼ご飯。作ればいいんだけどね。

 

妊娠7ヶ月で、8.5Kg も増えてしまったから、食事指導がそろそろ入るっぽい。でもこれには少し訳があって、妊娠直前に2Kgくらい太ってて、太る前の体重で申告したのと、家と病院だといつも病院の方が1Kg重く表示される。

 

だから本当は、5.5Kg増な気がするんだけど、まあいいや。12年前の初産の時17Kg太ったしな。それも7ヶ月あたりからぐんぐん行ったから、油断できない。

 

家を買おうかね、って話をしているんだけど、税理士に相談したら私はすでに住宅ローンを組んでいるから旦那一人で組まなくてはならないらしい。

 

無理っぽい。過去の借金の記録って、どのくらい引っ張るんだろうね。超引っかかりそう。

 

この辺りで家を買おうと思うと、5000万〜7000万くらいが相場で、4000万台だと、この立地はちょっと暮らしにくいねってところか、細っ!ていう家になってしまう。

 

頭金もロクにない、計画性のない私達らしく、住むところもままならず、別居婚を続けてる。来年の4月には新居を構えたい。どうしても。

 

中古マンションならもうちょっと安く買えそうだけど、いかんせんローンが組めなさそう。私のローン無くしたい。家売りたい。

 

ここに暮らせばいいと母に言われて、断固拒否を続けてる。仕事がなくても、仕事場に借りてる所に1日篭ってる。もう解放して欲しいのになかなかわかってもらえない。

 

家のローンは払うから、お願いだから出ていかせてってだいぶ前にお願いしたら、父親は自分たち2人には大きすぎる家だから、私たちがここに住めばいいと言ってくれたんだけど、母が喚いたのでその話は立ち消えた。

 

どうして私が出て行くのよ!の後は、なんて言ってたか聞き取れなかった。私と父は、また始まったかぁと思って、もう触れたくもなくて、金切り声をひたすら聞き流した。おそらく母は、なんかの病気だ、と思って、心を無にすれば聞き流せる。

 

私と息子がいない事がどうしても許せないらしい。

 

早く出ていかないと、何もかも奪われてしまいそうで、私の気持ちがまた安定しなくなってきそう。

 

何もかも、少し足りない。

 

ローンが組めないと、家が買えない。賃貸でもいいんだけどね。賃貸で4人で暮らそうと思うと、15万くらい。プラス私のローン。親が死んだら売りたい。全然いらない家なのに、お金だけ払い続けるなんてね。

 

売りたいな、家。私いらないんだけど。

 

私がいないと維持できないって言われたから、仕送りすればいいですか?って聞いたら、また喚いた。

 

要するに、出て行く事が嫌なんでしょうね。私を縛りたいんでしょうね。お金なのか寂しさなのか知らないけど。私の人生よりも自分の欲望のために。

 

早く出て行こうと思う。ローンが組めないって分かったら、賃貸に切り替えて探そう。そんなにたくさん物件ないんだけどね。

 

最近、胎動が激しい。穏やかな気持ちで出産したい。穏やかに、解放された場所で自分の人生を歩みたい。何もかもを望むのは贅沢な事なんだろうけど、できる限り頑張りたい。

 

太らないように、酵素飲んで、太らないように間食しないようにして、一生懸命お腹の中の命を感じている。息子と一緒に、生まれてくる日を待ってる。あと、旦那も。

 

もう少しで、普通の家族になれそうなのに。もう少しで普通の家庭を築けそうなのに。いつも、少し足りない。

日常。しあわせ、ふしあわせ。

結局ゴネたり喧嘩したり、泣いたり伏せったり、あの手この手をしたけれども私は結婚した。

 

なんて言うか、私は何を嫌だと思うか、を、説明する事ができなかった。

 

結婚したくなかったら、子供を作るべきではない。

きっとそんな風に批判される思考回路なんだろうなと思う。

 

けれども、私は色々な人に助けてもらいながらも、11年間ひとり親をやってきた。

 

旦那がいてほしいと思った時も、お父さんが欲しいと思った時も、ずっと一人で耐えたり気にしないフリして生きてきた。

 

息子は心の支えだった。いつも、一人でも、一人じゃないって息子が私を支えて、私が息子を支えてきた。

 

寂しくて二人でぴゃーぴゃー泣いた時もあったし、キャッチボールが下手な私に息子が逆に付き合ってくれて、教えてくれたり、私たちは私たちなりの親子の形を作って生きてきた。

 

二人でたくさん喧嘩もして、怒って、笑って、泣いて、それでも親子でよかったねーって言い合えた。

 

仕事ばっかりで家にあんまりいれなくても。仕事頑張りたいのに、ここぞと言う時に学校行事で有給取らなきゃいけない時も。

 

よかった、って後で思えるように、私なりに息子なりに、全力投球で生きてきた。

 

そこに、彼はいななかった。いて欲しい時もいなかった。

 

私は、彼が好きだったし、息子も彼が好きだった。

 

彼に結婚しようと言われた時に思ったのは、私には無理なんじゃないかと思った。

 

でも、母子家庭なんだから負い目があって、子連れ再婚のくせに贅沢言うなと、結婚してくれるだけありがたく思え、と自分でも思っていた。

 

でも、なかなか踏み切れなくて、歳だけ取って行って、子供産めなくなっていく焦りもあって、性欲も無駄にあって、じゃあどうしようって、結婚にリミットはないけど、出産にはリミットがあるから、産めばいいと思った。

 

私は一人で育てられる。

 

その気持ちは、みんなで一つの家族になりたい、と言う願いの裏返しだった。

 

どうせ、私は結婚できないから。一般的な幸せは縁遠いから。色々な感情が欠落しているから。せめて好きだと思う人の子供を育てる事は、許してもらえないだろうかと願っていた。

 

母子家庭のくせに腹ぼてなんて、みっともない。所詮、自分の欲望で生きてる。

 

結婚していいかどうか。うまくいくのかどうか。私は旦那が必要なのか。とか。不安とか焦りとかが色々相まって、たくさん泣いた。

 

で、結局結婚した。

 

彼は素直で、息子は優しくて、私を二人で懐柔して、大丈夫、大丈夫とあやしてくれた。

 

私はずっと、不安の中で生きている小さな子供のままで、生きる価値もないんじゃないかと時々打ちのめされて、いまだに時々息もできなくなって、唇を噛み締めて生きていく事に、慣れすぎていた。

 

そんなに、苦しい中で生きなくていい、って教えてくれたのは、息子と彼だった。

 

分かっていはいても、ここから出られる気がしない。結婚したって、私はずっと酸欠みたいな世界から出られるなんて思えない。

 

それでも、いつかここから出られると信じてた時もあったんだ。それから、永遠にここから出られないと諦めた。

 

もう、諦めてしまったから、私は出られない。そんな風に自分を檻の中に入れた。わたしがいる世界に、幸せはないんじゃないかと。

 

息子がいる世界の幸せを、わたしはここから祈ろうと、そんな感じで生きてきた。届くんだけど、交わることの無い明るい場所に息子はいた。そこに彼もいた。わたしだけが、出られない檻の中にいた。

 

気づけば檻の鍵は内側にあった。わたしが自分で鍵をかけて、外からは開けられないようにしていた。

 

わたしは結婚した。秋には子供が産まれる。

 

たくさんの人に、おめでとう、をもらった。私は幸せになってもいいのかとまだ、わからない。

 

あなたには無理よ、と母に言われた。結婚生活なんてあなたには無理。うちで暮らしなさい。どうせできないんだし、二度も失敗したらみっともないから、別居したままここにいなさい。それ以外は絶対、無理だからだめ。

 

ここを出ていくなんて、絶対だめ。無理。できっこない。あなたが幸せになるなんてありえない。子供は私は育てるから大丈夫。お金を稼いできてちょうだい。

 

思った通りの事を言われて、少し悲しかったけど、やっぱりそうか、私には無理なんだ、と諦めようとしたら、息子が、無理じゃないよ。大丈夫だよ。ママと俺はお父さんと赤ちゃんと、家族になりたいよ、と言ってくれた。

 

息子を産んで、もう一人身籠って、それでも、まだ、生きてていいか自信がない。そんな奴が親になるなと非難されるだろうな。でも命を繋ぎたかった。私が見れない明るい景色を、息子には見て欲しかった。

 

たっぷりの酸素の中で、光をちゃんと浴びて、空も見て。時々雨は降っても大地は潤って、そこから芽が出るような、そんな人生になったらいい。

 

私はここから出られないから。

 

 

幸せと不幸せの二つに分けるなら、私は幸せになりたいけれど、それは絶対私には無理だから、幸せになる事を必死で諦めている。絶対無理って決めたのは、母だ。私はそれに従わないと死んでしまうと思い込んでいる。

 

だから私は不幸でいないといけない。少なくとも母より幸せにはなってはいけない。絶対に。だから檻から出てはいけない。誰かに愛されようと愛そうと、そんな尊い世界に足を踏み入れてはいけない。

 

こんな抽象的で、大半の人が分からないような自分語りを、こんな所に吐露して、私は一体どうしたいんだろう。

 

きっと、誰かに理解されるのは難しい。私のしている事は非難されて然るべき。けれども私を非難する人は、明るい世界の人たち。明るいところから暗い世界を見下ろした時に、なんて下衆な女だと、鼻をつままれる。

 

ただ、私もそっちで生きたかった。多分それだけのこと。

 

 

 

怖い夢を見た。

怖い夢を見て、早朝に目が覚めた。たくさんの知ってる人に会って、嫌なことたくさん言われて、嫌なことたくさん見て、それでも生きていきますか?って言う夢だった。

 

この1ヶ月、話し合いに話し合いを重ね、たくさん泣いて、もうぼろぼろですけどってぐらい心乱して、やっと結婚する事を決意した。

 

今でもふとすると、嫌だって言う気持ちに戻ってしまいそうで、なんとか考えないようにする事で逃れてる。

 

色々な人におめでとうって言ってもらえた。違うんですって毎回思いながら口ではありがとうございますって言う。

 

何より息子が喜んでいるから、私は今頑張れている。一般的な幸せが私に訪れる事がどうしても受け入れられない。元々は、結婚しないつもりで、結婚したかったのにって思っていたはずなのに、腹を括った途端に結婚するのが嫌になる。

 

バカなんだろう。夢の中でまで泣いていた。占い師みたいな人に、ずっと1人で辛かったのね。あなたはやりたくない事たくさん、我慢してやってきたのねって言われて号泣したけど、なんか少し違うって思っていた。

 

私はどうせ幸せになれないと、自分で呪いをかけていた。でも結婚してもしなくても、幸せを感じる事はないだろう。どちらにせよ、不安の中にいつもいる。その方が私らしくて落ち着く。結婚しても子供がいても、私はずっと孤独なままだ。

 

彼は少し的外れで、本当に愛されて育っていて、私の事が分からない。分からなくていいんだけど、分かろうとしているのか、最近よくぎゅっとされる。泣けばそばにいてくれる。泣いたら暗いところに閉じ込められる事はもうないんだなぁって、何かを思い出しそうになった。

 

結局私は何を望んでいるんだろう。

 

お前なんかって言われて育った私は、私なんかって気持ちがなくなることはないだろう。ゴミのような私から可愛い息子が生まれて私をずっと支えてくれた。そして彼も成長して、もう私に縛られなくて済むかもしれない。彼も彼の道を歩き始める。

 

2人目の子も、きっとたくさん愛されて育つだろう。こんな私から生まれても、きちんと愛されて幸せに育つだろう。そしていつか自分の道を歩くだろう。

 

こんな私は、だれといたって孤独だし死にたくて、自分が自分を救わなければ、結婚しようが子供が生まれようが、孤独は孤独だ。愛されてもその実感を得ることもできず、愛されるわけがないと自分で否定している。

 

身の程を嫌という程知っているから、ちゃんと苦しくて辛い道を進みます。誰にも頼りません。誰かに分かってもらおうなんて思いません。いつもちゃんと1人でいます。これから先ずっと泥水被って生きていきます。

 

その気持ちはちゃんと忘れずに胸に刻んで生きていく。私が私でいるために。

 

そんな気持ちで目が覚めた。私はまだ、息をしていた。

どうしようもなく、浅はかな事。

お腹の子が少しずつ成長している実感もないまま、10週目になった。

 

つわりがなくて、少し太ったけどそのままをまだまだキープしてる。胸が張ってお腹が張って、とても眠いけどそれはいつものこと。

 

昨日、仕事の事で彼と久々に大ゲンカをして、珍しく号泣してしまった。自分でも驚くぐらい咽び泣いた。

 

あの人は薄く優しいから、ごめんねって言いながら寝かせてくれた。私は泣きながら、泣いてる時に謝ってくれる人に初めて出会ったなぁなんて呑気な事を考えていた。

 

そして今日は会わなくて、電話で少し仕事の話をして、何事もなく過ごした。

 

結婚できないんだろうなぁってうっすら覚悟を決めている。息子は名字を変えたがらないだろう。あの人も変えないだろう。じゃあ私の選択肢はシングルマザー継続しかないんだ。

 

産婦人科助産師さんにも、母子手帳をもらいに行った保健所の保健師さんにも、私は上の子が中学生になるタイミングで入籍を考えていますって嘘をついた。

 

アンケート用紙にも、精神科にかかった事はないって嘘を書き、親も同居していて、出産から子育てで心配な事は何もないと嘘を書き連ねた。

 

面談も極めて明るく、私幸せですって雰囲気で頑張った。いや、幸せなんだけどね。子供産むのはね。

 

結婚できない奴の子を身籠もるなんて、浅はかよね。本当に。不倫と同じくらい浅はかよね。結局子供が「かわいそう」になるのに。

 

産まない方が、息子もお腹の子も幸せかなぁって一瞬よぎって、また涙にくれた。私はどれだけ身勝手なアホなんだろう。

 

不安しかない。年の離れた子供2人を一人で育てる事。いやたぶん大丈夫だと思うんだけど。なんとかはなるんだけど。

 

フリーになってから、自由な時間は増えたし、収入は安定こそしないけど、まあまあいただけている。今のところ、だけど。

 

1人目が帝王切開だったから、今回も帝王切開になる。すると入院する日数が伸びる。仕事、大丈夫かな。パソコン持ち込むしかないな。

 

1人でも大丈夫。あの人は金銭的に援助してくれるだろう。しばらくは。頼らないけど。

 

メンタル的には?大丈夫。1人で嗚咽漏らすの慣れてる。精神科医以外に、私のメンタルの弱さは絶対見せない。子供2人とも私が幸せにするんだ。

 

1人で頑張る。結婚したいなんて思わない。大丈夫。絶対。誰かに頼る事もあるけど、基本的には1人で頑張る。私は浅はかだから、それしかできない。

 

こんなに愛しているのにね。息子の事も、お腹の子も、あの人の事もね。全ては手に入れられない仕組みだから、私は1人で頑張るのも、きっとさだめのようなもので、きっと、大した事じゃない。

ロシアンブルー。

ロシアンブルーと言えば、猫ってイメージなのに、ハムスターでもロシアンブルーハムスターっていうのがいるらしい。

 

調べたら、ジャンガリアンとキャンベルの掛け合わせかも。って。

 

ロシアンブルーハムスターが我が家に来ました。毛艶のめちゃくちゃいい、ものすごいべっぴんさんで、元気で人なつこい。

 

ずーっと見ちゃう。1時間も2時間もずーっと見ちゃう。あら、回し車するのね、とか、ご飯美味しい?とか、そこ掘るの好きなのねーとか、ずーっと話しかけてる。

 

揉み消して冬っていうドラマを息子と見てて、ハムスターがどうしてもどうしても飼いたくなって、また飼うことにした。

 

悲しいお別れもあったけど、幸せな時間もいっぱいくれたから、やっぱりまた飼いたいなーって息子と話し合って。

 

ペットショップ行ったらたくさんハムスターがいて、息子の一目惚れでロシアンブルーにした。

 

本当はジャンガリアンがいいかなって思ってたんだけど。飼いやすいし、慣れてるし。でもいっしょに生活していく上で、この子っていう直感はすごく大事だから、そちらを大切にする事にした。

 

家に連れて帰って、箱からケージに移したら、そわそわいろいろ調べまわって、トイレで落ち着いた。今日から2、3日はそっとしてあげて、少しずつ慣れさせていこうと思う。

 

キノコの家はイマイチまだ気に入ってない。今はトイレにいたいみたい。様子見て快適な暮らしにしてあげよう。

 

夕方から夜はぐっすり寝て、今は回し車タイム。くるくるくるくるくる、ぴたっ。を延々と繰り返してる。だいぶ慣れてきたかな?

 

まだすごーく小さい。たぶん倍くらい大きくなると思う。楽しみだなぁ。

 

最近ちょっとつわり。歯磨き粉がどうしてまだまだおえぇってなって、歯磨いてしばらくしても気持ち悪い。

 

火曜日は検診で、今度こそ心拍など確認して問題なければ母子手帳をもらいにいく。そしてそろそろ息子や親に言わなくては。

 

そういえば揉み消して冬、3話目くらいから何も揉み消してない気がする。まあいいか。

11年振り2度目。

産婦人科に行ってきた。息子を産んだとこ。

 

リニューアルしてて、個人病院っぽかったのに、城っぽい外装に姫っぽい内装でやたらとひらひらフリフリしていて、全く落ち着かなかった。流行りですかね。儲かってるみたいね。

 

息子の時も診てもらった先生に呼ばれて、問診票と尿検査の結果見ながら、お!うまくいけば今日エコーで見えるね!内診室行こう!ってなんかすごい嬉しそうに言われた。

 

内診台に座ったら、ぐるーっとわ回ってがばーっと脚開かれてカーテンの向こうで先生がエコーをきゅっと入れると、右手のモニターに映る。

 

いたいたー!1センチくらいだよー、心臓も元気だね!おめでとー

 

ってカーテンの隙間からペロッと、はい、写真あげるねーって渡された。

 

また診察室に戻って、計算すると7週なんだけど、少し小さいから二週間後にもう一回診て、出産予定日決めましょうね。そのあと母子手帳もらってね。一応仮に今は9月15日にしておこうね。何か心配事ある?って聞かれて

 

次も帝王切開ですか?って聞いたら、まあ、その方が安心だよね。自然分娩も無理ではないけど、安心なのは帝王切開だね。って。

 

お会計、8,000円。あー痛い出費だー。病院行くの早かったかな。もう一回8,000円か。まあ、無事を確認できたからいっか。

 

彼に連絡して、9月に生まれますって言って、写真見せたらえらい喜んでて、俺息子君とこの子のおとうになる、と高らかに宣言してた。

 

ありがとーってながして、仕事いつまで現場出れるかな?6月結構詰まってるけど、安定期だしいけるかな?でもあんまりお腹大きかったら気を使わせてやだな。太らないようにしなきゃな。

 

息子にいつ言おうかな?なんて言おうかな?喜ぶかな?嫌だって言ったらきちんと説明しないとな。

 

色々考えて、まあとにかく、煙草とお酒とコーヒーというわたしの趣向品を、今日からきっぱりやめなくてはと、心に誓って。

 

で、籍どうするの?って彼に聞いた。私、ごちゃごちゃするならこのままシングルでいい。不便はない。子供は私に任せてって言ったら、彼はとても悲しそうに、何とか考えるからって絞り出してた。

 

あーかわいそう。せっかく我が子が授かったのに、結婚拒否されて子どもまで取り上げられそうになってる。なさけない。しょうもなく情けない。

 

アホな父ちゃんでごめんねーってお腹に向かって、11年前もおんなじ事息子に語りかけてたなぁって思い出した。きっと私が情けない奴なんだろうな。

 

無事、産まれますように。すくすく育ちますように。これから末永くよろしくお願いします。私がきちんと育てますので安心してください。

 

息子さんとは折を見てきちんとお話をしよう。優しい子だから、傷ついたり喜んだり、するだろうな。ずっと君が1番だときちんと伝えなくては。あなたのおかげで、家族みんなが幸せって何度も何度も伝えよう。

 

さて、9月は休業だから、しっかり稼ぐぞ。